ブラインドからの光は自由自在

朝日が気持ちよく家の中に入ってくると、とても気持ちよいものです。
朝の目覚めが気持ちよく、今日も元気に仕事に行こうという気持ちになります。

また主婦であれば、朝ごはんを作る元気も出て家事に力がわくことでしょう。
逆に朝日を感じられない家ですと、毎日朝起きるのがつらく、一日の始まりを元気に迎える事ができません。寝坊してしまったり、朝学校や職場に行って先生や上司から「まだ目覚めていないんじゃないのか?」と怒られてしまうかもしれません。

朝日を上手く部屋の中に取り入れるひとつの方法として、カーテンではなくてブラインドに変えるという方法があります。
日本の多くの家はカーテンを採用しています。確かに便利ですが光を上手く操るという点ではブラインドに勝ち目があります。

ヨーロッパではブラインドが沢山用いられています。
ヨーロッパの人は、太陽のそばにいる事を人生の生きがいに感じていますので少しでも太陽が入るのであれば、そちらのほうを選ぶようです。
余談ですが、ヨーロッパの人は日焼けして真っ黒に焼けたほうが人生を謳歌しているという評価になるようです。
日本人は逆に、できるだけ日に当たらないように生活しているようです。

でも日本の昔もそうだったように太陽が沢山降り注ぐ家で元気に快活に暮らすというのは幸せなものです。
もちろん今の私達の生活では窓を全部開け広げて外の空気や光を入れるというのは難しいかもしれません。
外の排気ガス、騒音、紫外線、また外から見られるというプライバシーの侵害なと現代の生活には考えなくてはいけない事が沢山あります。
それでブラインドは私達の生活にプラスを与えてくれます。

まず、家の中に入れる光を微妙に調節する事ができます。
朝にはブラインドを全開にして朝日をすべて取り入れる事ができます。
お昼に向かっていくにつれて、少しずつ閉めていきながら光を調節する事ができます。
カーテンですとレースのカーテンの調節になりますが、ブラインドですとその日の明るさや、天候、気温に合わせて少しづつ調整する事ができます。

お昼の明るい時間にもすべて閉め切るのではなく少し外の光を入れて部屋の雰囲気を自然なものにする事ができます。
夕方の西日が差す頃にはまた少しづづ開けていき夕方のたそがれの光を楽しむ事ができます。
もちろん夜は閉め切り、プライバシー対策をする事ができるでしょう。

また夜寝る前に少し開けて置くなら、朝日が少し入ってきて気持ち良い目覚めを経験できるでしょう。

以前はお洒落なデザインがなくて工場の中のようなブラインドが多かったですが今はカラフルなもの、木を用いたものもあり部屋の良いアクセントにもなります。
これからはブラインドの時代です。
ロールスクリーンやブラインドの価格は最安値です!価格、種類などネット最大級の専門通販サイトで、早い安いをモットーにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*