ブラインドの掃除

数年来住んできた家では、ブラインドに溜まった埃や汚れが目立ってきて、掃除しようかなと思ったことがあるはずです。
ところが、掃除はなかなかたいへんなことです。

ロールスクリーンのときには、布を取り外して洗濯機や手洗いすることができますが、ブラインドのときにはかんたんに取り外すことができません。
そうすると、窓枠を付けたまま掃除をするか、窓枠を外して掃除するかになります。

窓枠を付けたままのときには、まずは埃を掃除機にあるブラシやハケで取ります。
けっこう念入りにやっておく必要があり、ここで適当にするとあとで埃を取るのに手間がかかります。

次に雑巾で拭いていきますが、スラットには表面だけでなく裏面もあります。
2枚分を拭いたところで、負担になっていらいらすることもあるでしょう
。手に擦り傷ができて血が出てきたりして、気分が斜めです。
しかしながら、汚れているときには手を抜かずに掃除するほかありません。できるだけ手袋を付けてするようにします。

そして、次は台所用の中性洗剤でスラットを拭きますが、軍手を付けて指を横滑りさせるようにします。効果がありますが、手が荒れやすいため薄いゴム手袋をはめて、その上から軍手をして保護するほうが安全です。
片手には洗剤でこすっていくための軍手、もう片手には乾いた軍手で拭きとっていくとやりやすいです。

軍手でこするほか、市販で販売されているブラインド用のブラシでこすることもできます。
1枚ごとに洗うタイプのものと、数枚をまとめて洗えるタイプのものがあります。なるべく洗剤を残さないようにします。

軍手もしくはブラインド用のブラシでこすっただけでは、逆に汚れの範囲が広がって汚れの筋になることがあります。
また、ヤニで汚れているときには洗剤と混ざって臭いが発生したり、洗剤を残しておくとそれによってくっついてペンキが剥がれることがあります。
台所用のものには油がついたり、風呂用のものには水垢がついていることもあります。
そのときには油もしくは水垢用の洗剤を用いるのが適切です。
それを用いてペンキが剥げたり錆びることがあり、拭きとるのを怠らないようにします。

窓ガラスも汚れているであろうから、ついでに拭いておくのをおすすめします。

自力の場合と、掃除屋さんで行う方法は少し違います。汚れや埃落としは大方同じですが、ブルーシートを敷き、店舗オリジナル薬剤をスプレーしてブラシでこすってもらえます。
ベニヤ板にブラインドを引っ掛けて効率よく洗浄し、高圧の水、スチーム、超音波などの機会を用いて汚れを取る業者もあります。